過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問22を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの養生に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
湿潤養生期間の終了前であっても、コンクリートの圧縮強度が所定の値を満足すれば、せき板を取り外すことができる。
   2 .
打込み後のコンクリートが透水性の小さいせき板で保護されている場合は、湿潤養生と考えてよい。
   3 .
早強ポルトランドセメントを用いたコンクリートの材齢による湿潤養生期間は、普通ポルトランドセメントより短くできる。
   4 .
寒中コンクリート工事における加熱養生中は、コンクリートの湿潤養生を行わない。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問22 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
加熱養生はジェットヒーター、石油ストーブ、などさまざまな加熱方法があります。その際、乾燥を防止するためコンクリート打設後は、十分な水分を与えて湿潤養生が必要となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

最も不適当なものは4です。

1.問題文の通りです。所定の湿潤養生期間の終了前であっても、コンクリートの圧縮強度が満足する値であれば、せき板を取り外すことができます

2.問題文の通りです。打込み後のコンクリートが透水性の小さいせき板で保護されている場合は、湿潤養生と考えることができます

3.問題文の通りです。早強ポルトランドセメントを用いたコンクリートの材齢による湿潤養生期間は、普通ポルトランドセメントより短くなります。早強ポルトランドセメント短期・標準で3日以上、長期・超長期で5日以上普通ポルトランドセメント短期・標準で5日以上、長期・超長期で7日以上となります。

4.寒中コンクリート工事における加熱養生中は、コンクリートが乾燥したり冷却しないように、コンクリート打設後はコンクリートの湿潤養生を行います

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。