過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問29を出題

問題

[ 設定等 ]
建具工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鋼製両面フラッシュ戸の表面板裏側の見え隠れ部分は、防錆塗装を行わなかった。
   2 .
木製フラッシュ戸の中骨は、杉のむく材を使用した。
   3 .
アルミニウム製建具のアルミニウムに接する小ねじは、鉛めっき処理したものを使用した。
   4 .
樹脂製建具は、建具の加工及び組立てからガラスの組込みまでを建具製作所で行った。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問29 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.誤りです。
アルミニウム製建具のアルミニウムに接する小ねじステンレス製とするのが一般的です。
また、建具枠の中に用いる補強材には鉛めっき処理が必要です。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

最も不適当なものは3です。

1.問題文の通りです。鋼製両面フラッシュ戸の表面板裏側の見え隠れ部分に関しては、防錆塗装は不要です。

2.問題文の通りです。木製フラッシュ戸の中骨は、杉のむく材を使用することができます。

3.アルミニウム製建具アルミニウムに接する小ねじは、ステンレス製のものを使用します。

4.問題文の通りです。樹脂製建具は、現場での組み立ては大変なので、建具の加工及び組立てからガラスの組込みまでを建具製作所で行います。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。