過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問31を出題

問題

[ 設定等 ]
カーペット敷きに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
タイルカーペットは、粘着はく離形の接着剤を用いて張り付けた。
   2 .
全面接着工法によるカーペットは、ニーキッカーを用いて、十分伸長させながら張り付けた。
   3 .
グリッパー工法のグリッパーは、壁際からのすき間を均等にとって打ち付けた。
   4 .
ウィルトンカーペットは、はぎ合わせを手縫いでつづり縫いとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問31 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
1.設問の通り。

2.誤りです。
設問のニーキッカーを用いて張るカーペットはグリッパー工法のことです。全面接着工法、モノボンド工法などでは使用しません。
この場合はタイルカーペットを用い、その際下地のフリーアクセスフロアのパネル目地と一致させないように割り付けることが重要です。


3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

最も不適当なものは2です。

1.問題文の通りです。タイルカーペットには、施工後にも交換できるように、簡単に剥離できかつ粘着力を持つ、粘着はく離形の接着剤を用いて張り付けます

2.全面接着工法によるカーペットは接着剤や粘着テープを用いて下地に直接貼り付ける工法です。ニーキッカーを用いて、十分伸長させながら張り付けるのは、グリッパー工法のことです。

3.問題文の通りです。グリッパー工法とは、針金の付いているグリッパーを壁の周囲に打ち付け、その部分にカーペットを引っかけることで固定します。グリッパーは壁からすき間を均等に取り、15㎝程度の間隔で打ち付けます。

4.問題文の通りです。ウィルトンカーペットは、糸を用いて織られたカーペットで、はぎ合わせ部分は手縫いでつづり縫いとします

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。