過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問32を出題

問題

[ 設定等 ]
モルタル塗り仕上げ外壁の改修におけるアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
モルタルの浮き部分に使用するアンカーピンの本数は、一般部分を 16 本/m2とした。
   2 .
アンカーピン固定部の穿孔の深さは、構造体コンクリート面から 30 mmとした。
   3 .
穿孔後は、孔内をブラシで清掃し、圧搾空気で接着の妨げとなる切粉を除去した。
   4 .
アンカーピン固定用エポキシ樹脂は、手動式注入器を用いて、孔の表面側から徐々に充填した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問32 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
アンカーピン固定用エポキシ樹脂は挿入孔の最深部から徐々に充てんします。


評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

最も不適当なものは4です。

1.問題文の通りです。

モルタルの浮き部分に使用するアンカーピンの本数は、一般部分を 16 本/m2とします。

指定部分は25本/m2狭幅部は幅中央に200mm 間隔とします。

2.問題文の通りです。

アンカーピン固定部の穿孔の深さは、マーキングに従い構造体コンクリート面から 30 mmとします。

3.問題文の通りです。

穿孔後は、孔内をブラシで清掃し圧搾空気で接着の妨げとなる切粉を除去します。

4.アンカーピン固定用エポキシ樹脂は、手動式注入器を用いて、孔の最深部から徐々に充填します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。