過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 4 問36を出題

問題

[ 設定等 ]
総合工程表の立案段階で考慮すべき事項として、最も必要性の少ないものはどれか。
   1 .
敷地周辺の上下水道、ガス等の公共埋設物
   2 .
敷地周辺の電柱、架線等の公共設置物
   3 .
コンクリート工事の検査項目
   4 .
使用揚重機の能力と台数
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 4 問36 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.誤りです。
各工事の検査項目は総合工程との関係性は薄いです。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

最も必要性の少ないものは3です。

1.問題文の通りです。水道管や地中埋設物に損傷を与えないため、敷地周辺の上下水道、ガス等の公共埋設物について考慮します。

2.問題文の通りです。敷地周辺の電柱、架線等の公共設置物については総合工程表を作成する上で考慮する必要があります。

3.各工事の検査項目は総合工程との関係性は薄いので、検査項目については考慮する必要性が少ないです

4.問題文の通りです。総合工程表を作成する上で、作業日数などを考えるため重機の能力や台数を考慮します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。