過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 5 問46を出題

問題

[ 設定等 ]
建設工事の請負契約書に記載しなければならない事項として、「建設業法」上、定められていないものはどれか。
   1 .
工事着手の時期及び工事完成の時期
   2 .
工事の履行に必要となる建設業の許可の種類及び許可番号
   3 .
契約に関する紛争の解決方法
   4 .
工事内容及び請負代金の額
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 5 問46 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない

1.設問の通り。

2.誤りです。
請負契約書に必要な項目は全部で14項目あり、書面で取り決め、これを相互に交付すべきことが定められています。工事の履行に必要となる建設業の許可の種類及び許可番号は含まれていません。

3.設問の通り。

4.設問の通り。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

定められていないものは2です。

1.工事着手の時期及び工事完成の時期は、建築業法に定められており請負契約書に記載が必要です。

2.工事の履行に必要となる建設業の許可の種類及び許可番号は、請負契約書に記載不要です。

3.契約に関する紛争の解決方法は、建築業法に定められており請負契約書に記載が必要です。

4.工事内容及び請負代金の額は、建築業法に定められており請負契約書に記載が必要です。

 

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。