過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 5 問47を出題

問題

[ 設定等 ]
労働契約に関する記述として、「労働基準法」上、誤っているものはどれか。
   1 .
使用者は、労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺することができる。
   2 .
使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせてはならない。
   3 .
労働者は、使用者より明示された労働条件が事実と相違する場合においては、即時に労働契約を解除することができる。
   4 .
使用者は、労働契約の不履行について違約金を定める契約をしてはならない。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 5 問47 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
1.誤りです。
労働基準法第17条により、「使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない」と定められています。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

誤っているものは1です。

1.労働基準法第17条において「使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない」と定められています。

2.問題文の通りです。

労働基準法第18条において「使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせてはならない」と定められています。

3.問題文の通りです。

労働基準法第15条1項において「明示された労働条件が事実と相違する場合においては、即時に労働契約を解除することができる」と定められています。

4.問題文の通りです。

労働基準法第16条において「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定める契約をしてはならない」と定められています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。