過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 1 問2を出題

問題

[ 設定等 ]
照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
光束は、視感度に基づいて測定された単位時間当たりの光のエネルギー量である。
   2 .
照度は、単位面積当たりに入射する光束の量である。
   3 .
輝度は、光源の光の強さを表す量である。
   4 .
グレアは、高輝度な部分や極端な輝度対比などによって感じるまぶしさである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 1 問2 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない

正解は3です。

光源から発散する光のエネルギーの強さを表すのは光度です。

〔単位:㏅又は㏐/sr〕

1.問題文の通り、光束は標準視感度に基づいて補正された単位時間当たりの

  光のエネルギー量です。〔単位:㏐〕

2.問題文の通り、照度受照面に入射する単位面積あたりの光束です。

  〔単位:㏓又は㏐/㎡〕

3.輝度はある面から特定の方向に出射する、

  その方向から見た単位面積当たりの光束です。

  〔単位:㏅/㎡又は㏐/(㎡・sr)〕

4.高輝度な部分や極端な輝度対比などによって引き起こされる視力低下や、

  目の疲労、不快感などの障害をグレアといいます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
〇 1.問題文の通り。視感度とは、人間の目に見やすい光の周波数の領域の度合いの事です。

〇 2.問題文の通り。

× 3.輝度とは、光源を特定方向から見た時の光の強さを表す量です。例えば、鏡に反射した光は、見る角度によって眩しさが異なるといった状況が挙げられます。

〇 4.問題文の通り。例えば、極端に明るい照明があると、眩しすぎて逆に周りが見にくくなるような状況が挙げられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。