過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 1 問4を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
片持ちスラブの厚さは、原則として、持出し長さの1/10以上とする。
   2 .
柱の最小径は、原則として、その構造耐力上主要な支点間の距離の1/20以上とする。
   3 .
腰壁やたれ壁が付いた柱は、地震時にせん断破壊を起こしやすい。
   4 .
大梁は、せん断破壊よりも曲げ降伏が先行するように設計する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 1 問4 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない

〇 1.スラブ厚さの1/10以上かつ、80㎜以上の厚さが必要です。

✕ 2.柱主要支点間距離の1/15以上が必要です。

〇 3.腰壁やたれ壁と一体となった柱の長さは短くなり(短柱)、せん断力が集中する事で、せん断破壊を起こしやすくなります。対策として、腰壁と柱の間にスリットを設け、構造的に分離する方法などがあります。

〇 4.せん断破壊を起こすと、急激に耐力が低下するので大梁に限らず、せん断破壊を起こしてはなりません。曲げ降伏を先行する事で、鉄筋の粘り強さを発揮し、建物の急激な耐力低下を避ける効果があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない

正解は2です。

1.片持ちスラブの厚さは、原則として、持出し長さの1/10以上かつ80mm以上必要です。

2.柱の長さが柱の最小径に比べて長くなると、座屈を考慮しなければいけません。よって、柱の最小径の主要支点間距離に対する比は1/15以上とします。

3.腰壁やたれ壁の付いた柱は、他の柱と比べてその分柱の長さが短くなります。そのため、短柱の部分にせん断力が集中してせん断破壊が起きやすくなります。対策としては、腰壁やたれ壁と柱の間にスリットを設け、構造的に分離させる方法などがあります。

4.大梁に限らずせん断破壊が先行してしまうと、構造物の耐力が急激に低下してしまいます。曲げ破壊を先行させる事で鉄筋の粘り強さが発揮され、建物の急激な耐力低下を避ける効果があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。