過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 1 問5を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨構造の一般的な特徴に関する記述として、鉄筋コンクリート構造と比べた場合、最も不適当なものはどれか。
   1 .
骨組の部材は、工場で加工し、現場で組み立てるため、工期を短縮しやすい。
   2 .
骨組の部材は、強度が高いため、小さな断面の部材で大きな荷重に耐えることができる。
   3 .
構造体は、剛性が大きく、振動障害が生じにくい。
   4 .
同じ容積の建築物では、構造体の軽量化が図れる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 1 問5 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
〇 1.問題文の通り。
鉄筋コンクリート造は、配筋、型枠建込、コンクリート流込み、型枠解体と工程が多く、工期がかかります。

〇 2.問題文の通り。
鉄筋コンクリート造は、部材断面が大きくなります。

✕ 3.鉄筋コンクリート造の方が、剛性が大きく、振動障害も生じにくくなります。

〇 4.鉄骨造は、部材断面積が小さいので軽量化を図れます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

正解は3です。

1.鉄骨造は、部材を工場で規格製造し、現場に搬送して組み立てをする方法がよく用いられます。工場では品質が安定した部材を製造でき、現場での作業も少ないので工期を短くすることが出来ます。それに比べて、鉄筋コンクリート造は建物全体の重量もあり、それを支える基礎なども強固に作らなければいけないため、他の構造の建築物と比べて工種が多く、全体の工期が長くなります。

2.鉄骨造は、材料が粘り強く耐性が強いため、小さな断面の部材で大きな荷重に耐えることができます。

3.鉄骨造は、鉄筋コンクリート造と比べて剛性が低いので、振動障害が生じやすくなります

4.鉄骨造は、鉄筋コンクリート造と比べて部材の重量が小さいので、構造体の軽量化が図れます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。