過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 1 問8を出題

問題

[ 設定等 ]
建築物の構造設計における荷重及び外力に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
固定荷重は、建築物各部自体の体積にその部分の材料の単位体積質量及び重力加速度を乗じて計算する。
   2 .
積雪荷重は、雪下ろしを行う慣習のある地方では、低減することができる。
   3 .
地震力は、建築物の固定荷重又は積載荷重を減ずると小さくなる。
   4 .
風圧力は、地震力と同時に作用するものとして計算する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 1 問8 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
〇 1.問題文の通り。

〇 2.問題文の通り。
雪下ろしを行う地域は、1mを超える積雪がある場合でも、1mとする事ができます。

〇 3.問題文の通り。

✕ 4.地震と暴風が同時に発生する可能性は極めて低くく、同時に作用する事は、想定していない為。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

正解は4です。

1.問題文の通りです。固定荷重は、構造物自体の屋根や床など重量や位置に変動がなく、常に作用している荷重です。建築物各部自体の体積にその部分の材料の単位体積質量及び重力加速度を乗じて計算します。

2.問題文の通りです。積雪荷重は、雪下ろしを行う慣習のある地方では、垂直積雪量を1mまで低減して計算することができます。

3.地上部分の1階から数えて、n番目の階に作用する地震力は、n層の地震総せん断力係数n層が支える部分の固定荷重+積載荷重の総和を乗じて求めます。よって、各部分の固定荷重+積載荷重の総和が低減されると、地震力も小さくなります。

4.風圧力と地震力が同時に作用する事は極めて稀なため、加算して計算しません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。