過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 1 問14を出題

問題

[ 設定等 ]
防水材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
アスファルトルーフィングは、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透、被覆し、表面側のみに鉱物質粒子を付着させたものである。
   2 .
網状アスファルトルーフィングは、天然又は有機合成繊維で作られた粗布にアスファルトを浸透、付着させたものである。
   3 .
ストレッチルーフィングは、有機合成繊維を主原料とした不織布原反にアスファルトを浸透、被覆し、表裏両面に鉱物質粒子を付着させたものである。
   4 .
アスファルトフェルトは、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透させたものである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 1 問14 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
✕ 1.表面側のみにではなく、裏表に付着させています。
アスファルトルーフィングは、一般的な平面部分に採用する防水材料です。

〇 2.問題文の通り。
網状アスファルトルーフィングは、開口部や役物周りなど、雨漏りしやすい部分に増し張りする材料です。

〇 3.問題文の通り。
ストレッチルーフィングは不織布にアスファルトを浸透させているので、紙にアスファルトを浸透させたアスファルトルーフィングより、ストレッチが効き(伸び縮みする)、破れにくいのが特徴です。

〇 4.問題文の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は1です。

1.アスファルトルーフィングは表面のみではなく、裏表両面に鉱物質粒子を付着させたもので、アスファルト防水工事に用いられる材料です。

2.問題文の通りです。網状アスファルトルーフィングは、目が粗い粗布にアスファルトを浸透、付着させたものです。強度が強く、なじみやすいことから、開口部や役物周りなど、防水の補強が必要な部分に用いられています。

3.問題文の通りです。不織布原反にアスファルトを浸透させているストレッチルーフィングは、原紙にアスファルトを浸透させているアスファルトルーフィングに比べて、破れにくく製品として優れており、防水層の耐水性が高くなります。

4.問題文の通りです。アスファルトフェルトは、主に木造建築や鉄骨造建築の屋根や外壁の下地として使用されます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。