過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 2 問15を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼製巻尺を用いる距離測定において、距離の補正を行う場合、最も必要のないものはどれか。
   1 .
温度による補正
   2 .
湿度による補正
   3 .
尺定数による補正
   4 .
傾斜による補正
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 2 問15 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
〇 1.巻尺の温度が熱くなると伸び、冷たくなると縮みます。巻尺の温度は20度程度で、誤差が±0となります。

✕ 2.湿度の影響は受けません。

〇 3.巻尺は製品ごとに微妙に精度が異なります。それを補正する為の数値です。

〇 4.傾斜地で測定した場合の補正です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

正解は2です。

1.鋼製巻尺は使用する場所の温度に影響を受け、伸び縮みします。巻尺の基準温度は20度程度で、誤差が±0となるように製作されています。

2.鋼製巻尺は湿度による影響はほとんどないので補正は不要です

3.鋼製巻尺ごとの製造時に発生する誤差を、尺定数によって補正します。

4.測定した斜距離を水平距離に直す場合、傾斜による補正をします。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。