過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 2 問16を出題

問題

[ 設定等 ]
防災設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
傾斜路に設ける通路誘導灯は、避難上必要な床面照度の確保と避難の方向の確認を主な目的とする避難設備である。
   2 .
劇場の客席に設ける客席誘導灯は、客席から一番近い避難口の方向の明示を主な目的とする避難設備である。
   3 .
自動火災報知設備は、火災発生時に煙又は熱を感知し、自動的にベルやサイレンを鳴らす警報設備である。
   4 .
非常用の照明装置は、火災等で停電した場合に自動的に点灯し、避難上必要な床面照度を確保する照明設備である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 2 問16 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
〇 1.問題文の通り。

✕ 2.足元を照らし躓き転倒を防ぐ事を目的としています。

〇 3.問題文の通り。

〇 4.問題文の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

正解は2です。

1.問題文の通りです。通路誘導灯は避難方向を示す緑色の照明です。

2.客席誘導灯は、客席通路の足元照明として、躓いたり転ぶのを防止するために設置されています。

3.問題文の通りです。自動火災報知設備は火災の早期発見に有効です。

4.問題文の通りです。非常用の照明装置は停電時に安全に非難するための設備で、予備電源には、内蔵型と別置型があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。