過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 3 問30を出題

問題

[ 設定等 ]
塗装工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
上塗りに用いる塗料が少量だったため、同一製造所の同種塗料を用いて現場調色とした。
   2 .
合成樹脂エマルションペイント塗りにおいて、天井面等の見上げ部分では研磨紙ずりを省略した。
   3 .
木部のクリヤラッカー塗りの下塗りに、ウッドシーラーを用いた。
   4 .
高粘度、高濃度の塗料による厚膜塗装は、エアレススプレーではなくエアスプレーにより吹き付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 3 問30 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
〇 1.異なる製造所の材料では、同色の色味を保つ事は難しい為、同一製造所の材料を使用する。

〇 2.合成樹脂エマルションペイント塗りにおいて、天井面等の見上げ部分では研磨紙ずりを省略する事が出来ます。

〇 3.木部なので、ウッドシーラーで問題ありません。

✕ 4.高粘度、高濃度の塗料による厚膜塗装は、エアレススプレーを使用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

正解は4です。

1.問題文の通りです。上塗り用の塗料は、原則、製造工場で調整された物を使用します。塗料が少ない場合は、同一製造所の同種塗料に限り、現場調色とすることができます

2.問題文の通りです。天井面等の見上げ部分では研磨紙ずりを省略することができます

3.問題文の通りです。ウッドシーラーを使用して問題ありません。

4.高粘度、高濃度の塗料による厚膜塗装は、エアレススプレーを使用します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。