過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問33を出題

問題

[ 設定等 ]
事前調査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
解体工事の事前調査として、近接する建物や工作物の現況の調査をすることとした。
   2 .
鉄骨工事の建方の事前調査として、日影による近隣への影響の調査をすることとした。
   3 .
敷地内の排水工事の事前調査として、排水管の勾配が公設桝まで確保できるか調査をすることとした。
   4 .
根切り工事の事前調査として、前面道路や周辺地盤の高低の調査をすることとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問33 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
〇 1.解体工事による振動によって、近接する建物が沈下や損傷を受けた場合の因果関係を証明できるよう、解体前の近隣建物の現況調査を行います。

✕ 建方後、日陰による被害が発生する場合はあります。しかし、設計段階で判断できる内容なので、鉄骨工事の建方の事前調査とする事は、適当ではありません。

〇 3.配管の勾配が確保出来なければ、排水が出来なくなります。

〇 4.根切工事によって、周辺地盤が崩壊しないよう、地盤の高低を確認する事は適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は2です。

1.問題文の通りです。解体工事によって、周囲の地盤だったり、建物だったりに影響を与えてしまう可能性もあるので、事前に近隣調査を行う事は適切です。

2.日陰に関する近隣への影響は、設計段階で、(図面上で)考慮できるので、建て方の事前調査として行うのは適切ではありません

3.問題文の通りです。排水管の勾配が確保できないと、適切に排水が出来なくなるので、事前に距離や勾配について考慮し、調査することは適切です

4.問題文の通りです。根切り工事によって、周辺の地盤に崩壊など影響を与える可能性があるため、周囲の地盤について事前に調査をすることは適切です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。