過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問34を出題

問題

[ 設定等 ]
仮設計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
施工者用事務所と監理者用事務所は、機能が異なるため、それぞれ分けて設ける。
   2 .
仮囲いの出入り口は、管理をしやすくするため、人や車両の入退場の位置を限定する。
   3 .
ハンガー式門扉は、扉を吊る梁が車両の積荷高さを制約する場合があるため、有効高さを検討する必要がある。
   4 .
仮囲いは、工事現場の周辺の状況が危害防止上支障がない場合であっても、設ける必要がある。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問34 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
〇 1.同一としても悪くはないが、分けて設置する事が望ましい。

〇 2.問題文の通り。

〇 3.問題文の通り。

✕ 4.一定以上の規模の工事になる場合に義務付けられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

正解は4です。

1.問題文の通りです。施工者用事務所と監理者用事務所では、図面の作成、会議、資材置きや更衣室等、必要な機能が異なるため分けて設ける事が望ましいです。

2.問題文の通りです。仮囲いの出入り口は、管理がしやすく通行人の安全や交通の妨げにならないような位置に設けます。

3.問題文の通りです。ハンガー式門扉は、防犯面や目隠し性能が高い扉となっています。しかし、扉を吊るす梁の高さが、搬入するトラックや重機にぶつからないように有効高さを検討する必要があります

4.木造で、高さが13m以上か、軒高9m以上超えの建築物、また木造以外で地上2階以上のある建築物には仮囲いを設けます

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。