過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問35を出題

問題

[ 設定等 ]
工事現場における材料の保管に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
高力ボルトは、箱の積上げ高さを5段までとして保管する。
   2 .
型枠用合板は、直射日光が当たらないよう、シートを掛けて保管する。
   3 .
袋詰めセメントは、風通しのよい倉庫に保管する。
   4 .
防水用の袋入りアスファルトは、積重ねを10段までとして保管する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問35 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
〇 1.積上げ高さは、3~5段までとします。

〇 2.型枠が傷まないように、外部で保管する場合はシートを掛けます。

✕ 3.セメントは空気に触れると風化し品質が低下する恐れがあります。また、湿気にも弱いので、密閉された部屋で、床から30㎝以上上げて保管します。

〇 4.問題文の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は3です。

1.問題文の通りです。高力ボルトの箱の積上げ高さは、3~5段までとして保管します。

2.問題文の通りです。せき板、直射日光に当たってしまうと、コンクリートの硬化不良の原因となってしまうため、直射日光が当たらないようにシートを掛けて保管します。

3.セメントは、少しでも固まると使用できないので、防湿に気をつけてできるだけ通風は避けます。密閉された部屋で、床から30㎝以上上げて保管します。

4.問題文の通りです。防水用の袋入りアスファルトは、積み重ねを10段までとし、崩れないようにします。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。