過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問36を出題

問題

[ 設定等 ]
総合工程表の立案に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
工程計画上のマイルストーン(管理日)は、工程上の重要な区切りを避けて計画する。
   2 .
工区分割を行い、後続作業を並行して始めることにより、工期短縮が可能か検討する。
   3 .
型枠工事の工程計画では、型枠存置期間を考慮して、せき板や支保工の転用を検討する。
   4 .
工事を行う地域における労務、資材、機材等の調達状況を調査して、手配を計画する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問36 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
✕ 1.マイルストーンとは、工程上の目標や節目を指します。それ自体が重要な区切りを意味するので、避けるというのは、内容が矛盾してしまうので誤りとなります。

〇 2.工区を決め、エリアごとに異なる作業を同時に進行する事は、工期短縮に繋がります。

〇 3.養生中にせき板、支保工の転用はできないので、転用できず不足分の材料は、別途手配が必要となります。

〇 4.地域によって、労務、資材単価は異なります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

正解は1です。

1.マイルストーンとは工程上の節目や中間地点を指します。

ですので、マイルストーン自体が重要な区切りとして計画されます。

2.工区分割を行い、場所ごとに異なる作業を並行して行う事は、1日で進む作業量も多くなるので、工期短縮に有効です。

3.型枠工事の工程計画では、せき板や支保工の型枠存置期間を考慮して、他の工程に転用する場合は別途検討が必要になります。

4.工事を行う地域において、労務、資材、機材等は納期や単価等、それぞれ異なるので事前に調達状況を調査して手配を計画する事は適切です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。