過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 4 問37を出題

問題

[ 設定等 ]
バーチャート工程表に関する記述として、最も適当なものはどれか。
   1 .
工事全体を掌握することが容易で、作成しやすい。
   2 .
工事を構成する各作業を縦軸に記載し、工事の達成度を横軸にして表す。
   3 .
工程上のキーポイント、重点管理しなければならない作業が判断しやすい。
   4 .
多種類の関連工事間の工程調整に有利である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 4 問37 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
〇 1.問題文の通り。

✕ 2.横軸は作業の予定日。達成度ではありません。

✕ 3.キーポイントは判断しづらい傾向にあります。

✕ 4.工種ごとの関連性は分かりづらい傾向にあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は1です。

工程表には、バーチャート工程表とネットワーク工程表があります。

1.問題文の通りです。バーチャート、作成が簡単で工事の前後の動きが分かるので、工程表から工事全体を把握する事ができます

2.バーチャートは、縦軸に各作業を記載し、横軸に工事期間を表します

3.バーチャートは、全体の工事の前後の動きは分かりますが、重点管理(クリティカルパス)の判断をするためには適していません。

4.多種類の関連工事間の工程調整には、工種相互の関係が分かりにくいため工程調整に用いるには適していません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。