過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 1 問5を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
柱の出隅部の主筋には、末端部にフックを付ける。
   2 .
梁は、圧縮側の鉄筋量を増やすと、クリープによるたわみが小さくなる。
   3 .
梁主筋とコンクリートの許容付着応力度は、上端筋より下端筋の方が大きい。
   4 .
コンクリートの設計基準強度が高くなると、鉄筋とコンクリートの許容付着応力度は低くなる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 1 問5 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
31
評価しない

正解は4です。

設計基準強度が高くなると、より良いコンクリートになります。

ゆえに、付着力も高くなりますので、許容される付着応力度も高くなります。

各選択肢については以下の通りです。

1 建築基準法で決まっている内容です。暗記設問です。

2 圧縮側の鉄筋量を増やすと、梁はより強くなり、たわみ=変形 

  は小さくなります。

3 梁にコンクリートを流すと重力により、梁下は緻密にコンクリートが

  行き渡り、梁上は梁下より緻密には行き渡りません。

  ゆえに下端筋の方が付着力が高くなり、許容される付着応力度も

  高くなります。

4 コンクリートの設計基準強度が高くなると、鉄筋とコンクリートの

  許容付着応力度は、高くなります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

1 .柱の出隅部の主筋には、末端部にフックを付ける。

 正しいです。

 フックには、90度・135度・180度とそれぞれ規定があります。

2 .梁は、圧縮側の鉄筋量を増やすと、クリープによるたわみが小さくなる。

 正しいです。

 クリープとは、時間の経過とともに変形が増大する現象のことで、

 圧縮鉄筋を増やすことは有効です。

3 .梁主筋とコンクリートの許容付着応力度は、上端筋より下端筋の方が大きい。

 正しいです。

 コンクリートの許容できる付着応力度は、下端筋が圧縮側となる為、

 大きくなります。

4 .コンクリートの設計基準強度が高くなると、鉄筋とコンクリートの許容付着応力度は低くなる。

 間違いです。

 コンクリートの設計基準強度が高くなると、コンクリート強度が高くなる為、

 許了付着応力度は高くなります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。