過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 1 問12を出題

問題

[ 設定等 ]
日本産業規格(JIS)に規定するセラミックタイルに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
床に使用可能なタイルの耐摩耗性には、耐素地摩耗性と耐表面摩耗性がある。
   2 .
有機系接着剤によるタイル後張り工法で施工するタイルには、裏あしがなくてもよい。
   3 .
裏連結ユニットタイルの裏連結材には、施工時に剥がすタイプと剥がさないタイプがある。
   4 .
うわぐすりの有無による種類には、施ゆうと無ゆうがある。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 1 問12 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない

正解は3です。

裏連結ユニットタイルの裏連結材は剥がさないです。

各選択肢については以下の通りです。

1 設問の通りです。摩耗性=すり減り です。

2 有機系接着剤は弾力性があるので、裏足が無くても貼れます。 

 

3 複数のタイルを1枚のシート状にしたもので連結を剥がすとバラバラに

  なります。シート状にする事で施工手間を減らしています。

      

4 設問の通りです。

  施ゆうタイルはうわぐすりが施されたもの→うわぐすりの色が付きます。

  無ゆうタイルはうわぐすりが施されていないもの→タイル素地の色に

  なります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

1 .床に使用可能なタイルの耐摩耗性には、耐素地摩耗性と耐表面摩耗性がある。

 正しいです。

 上記の設問の通りです。

2 .有機系接着剤によるタイル後張り工法で施工するタイルには、裏あしがなくてもよい。

 正しいです。有機溶剤接着剤は接着性が高い為、裏足は不要です。

3 .裏連結ユニットタイルの裏連結材には、施工時に剥がすタイプと剥がさないタイプがある。

 間違いです。

 裏連結ユニットタイルの裏連結材は剥がしてはいけません。

4 .うわぐすりの有無による種類には、施ゆうと無ゆうがある。

 正しいです。

 上記の設問の通りです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。