過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 1 問14を出題

問題

[ 設定等 ]
内装材料に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
木毛セメント板は、断熱性、吸音性に優れている。
   2 .
けい酸カルシウム板は、軽量で耐火性に優れている。
   3 .
パーティクルボードは、木材小片を主原料として接着剤を用いて成形熱圧したものである。
   4 .
強化せっこうボードは、芯のせっこうに油脂をしみ込ませ、強度を向上させたものである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 1 問14 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない

正解は4です。

強化石膏ボードは不燃材料です。

油脂を染み込ませると燃えるので、使いません。

各選択肢については以下の通りです。

1 設問の通りです。

  細長い木材繊維を固めた建材です。内装材としても利用されています。

2 設問の通りです。

  こちらも不燃材料です。

  水回りにも使用でき、調理室の内装材としても利用されています。 

 

3 設問の通りです。

  表面に化粧板を貼り、家具等の材料としても利用されています。

   

4 芯には無機繊維材料を混入し、石膏ボードより耐火性が高いです。

  また、表面は紙なので水回りには不向きです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

1 .木毛セメント板は、断熱性、吸音性に優れている。

 正しいです。

 断熱性と吸音性に優れていますが、耐火性には優れていません。

2 .けい酸カルシウム板は、軽量で耐火性に優れている。

 正しいです。

 耐火性や、耐水性に優れています。

3 .パーティクルボードは、木材小片を主原料として接着剤を用いて成形熱圧したものである。

 正しいです。

 上記の設問の通りです。

4 .強化せっこうボードは、芯のせっこうに油脂をしみ込ませ、強度を向上させたものである。

 間違いです。

 石膏ボードは、不燃材料となる為、無機剤を混合したものです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。