過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 2 問15を出題

問題

[ 設定等 ]
アスファルト舗装に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
路盤は、舗装路面に作用する荷重を分散させて路床に伝える役割を持っている。
   2 .
表層は、交通荷重による摩耗とせん断力に抵抗し、平坦ですべりにくく快適な走行性を確保する役割を持っている。
   3 .
プライムコートは、路床の仕上がり面を保護し、路床と路盤との接着性を向上させる役割を持っている。
   4 .
タックコートは、基層と表層を密着し、一体化する役割を持っている。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 2 問15 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない

正解は3です。

プライムコートはアスファルトと路盤の馴染みを良くする為に使います。

各選択肢については以下の通りです。

1 下から 地盤(路床)→路盤→アスファルト(舗装路面)となります。

2 滑りやすいと事故につながります。 

 

3 雨による表面水の浸透も防止します。 

   

4 アスファルトは基層と表層に分かれます。

  アスファルトどうしをタックで繋ぐと覚えます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

1 .路盤は、舗装路面に作用する荷重を分散させて路床に伝える役割を持っている。

 正しいです。

 記載された内容で正しいです。

2 .表層は、交通荷重による摩耗とせん断力に抵抗し、平坦ですべりにくく快適な走行性を確保する役割を持っている。

 正しいです。

 表層は剪断力と摩耗で滑りにくくするように設計をします。

3 .プライムコートは、路床の仕上がり面を保護し、路床と路盤との接着性を向上させる役割を持っている。

 間違いです。

 プライムコートはアスファルトと路盤の馴染みを良くする為に使います。

  

4 .タックコートは、基層と表層を密着し、一体化する役割を持っている。

 正しいです。

 基盤と表層を接着させる際のプライマーのようなものです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。