過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 3 問22を出題

問題

[ 設定等 ]
木造2階建住宅の解体工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
作業の効率を高めるため、障子、襖、ドア等の建具は、1階部分から撤去した。
   2 .
外壁の断熱材として使用されているグラスウールは、可能な限り原形のまま取り外した。
   3 .
蛍光ランプは、窓ガラスと共に専用のコンテナ容器内で破砕して、ガラス類として処分した。
   4 .
屋根葺き材は、内装材を撤去した後、手作業で取り外した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 3 問22 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない

正解は3です。

蛍光ランプの中には微量の水銀が含まれており、産業廃棄物となります。

各選択肢については以下の通りです。

1 まずは家具などの固定されていないものから撤去します。

2 グラスウールは肌につくとかゆみを引き起こしますので、

  可能な限り舞散らないように原形のまま取り外します。 

 

3 窓ガラスはガラス類として処分できます。

   

4 屋根材は分別の為、安全でかつ埃が舞わないように手作業で取り外します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

1 .作業の効率を高めるため、障子、襖、ドア等の建具は、1階部分から撤去した。

 正しいです。

 1階は搬出動線になる為、最初に開口部等の解体を行います。 

2 .外壁の断熱材として使用されているグラスウールは、可能な限り原形のまま取り外した。

 正しいです。

 グラスウール等、繊維系建材は、飛散の恐れがある為

 可能な限り原型のまま取り外します。

3 .蛍光ランプは、窓ガラスと共に専用のコンテナ容器内で破砕して、ガラス類として処分した。

 間違いです。

 蛍光ランプの中には微量の水銀が含まれており、産業廃棄物となります。

4 .屋根葺き材は、内装材を撤去した後、手作業で取り外した。

 正しいです。

 屋根葺材を最初に撤去すると、内装材が濡れる為、

 最初に撤去してはいけません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。