過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 3 問26を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼製建具に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
建具枠の取付け精度は、対角寸法差を3mm以内とした。
   2 .
外部に面する鋼製ドアのステンレス製くつずりは、両端を縦枠より延ばし、縦枠の裏面で溶接した。
   3 .
外部に面する両面フラッシュ戸の見込み部は、上下を除いた左右2方のみ、表面板で包んだ。
   4 .
くつずりは、あらかじめ裏面に鉄線を付けておき、モルタル詰めを行った後、取り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 3 問26 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない

正解は3です。

下部を除き3方の見込み部を表面板で包みます。

各選択肢については以下の通りです。

1 設問の通りです。

  あまり差が大きくなると扉が枠に擦ります。

     

2 設問の通りです。

  外部に面するものは両端を縦枠より延ばし、屋内は縦枠内に納め裏面で

  溶接します。

3 外部に面する両面フラッシュ戸の見込み部は、下部を除いた3方を表面板で

  包みます。   

4 設問の通りです。

  しっかりくつずりにモルタルを詰めないと、衝撃で凹みます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

1 .建具枠の取付け精度は、対角寸法差を3mm以内とした。

 正しいです。

 建具の取り付け寸法は、対角寸法で3mm以内としなければなりません。

2 .外部に面する鋼製ドアのステンレス製くつずりは、両端を縦枠より延ばし、縦枠の裏面で溶接した。

 正しいです。

 ステンレス建具の溶接部は、表面に見えないように

 裏側にて行うようにします。

3 .外部に面する両面フラッシュ戸の見込み部は、上下を除いた左右2方のみ、表面板で包んだ。

 間違いです。

 下部を除き3方の見込み部を表面板で包みます。

 

4 .くつずりは、あらかじめ裏面に鉄線を付けておき、モルタル詰めを行った後、取り付けた。

 正しいです。

 建具の設置後はくつずり裏にモルタルを詰めるのは困難な為、

 あらかじめ行う必要があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。