過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 4 問31を出題

問題

[ 設定等 ]
建築工事に係る申請や届出等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
道路上に高所作業車を駐車して作業するため、道路使用許可申請書を警察署長宛てに届け出た。
   2 .
振動規制法による特定建設作業を指定地域内で行うため、特定建設作業実施届出書を市町村長宛てに届け出た。
   3 .
延べ面積が20m2の建築物を建築するため、建築工事届を市町村長宛てに届け出た。
   4 .
支柱の高さが3.5m以上の型枠支保工を設置するため、設置の届けを労働基準監督署長宛てに届け出た。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 4 問31 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない

正解は3です。

提出先は都道府県知事になります。

各選択肢については以下の通りです。

1 設問の通りです。

  道路使用許可は警察、道路占用許可は道路管理者となります。

2 設問の通りです。

  騒音についても市町村長に届け出が必要です。

3 正しくは、

  「延べ面積が20m2の建築物を建築するため、建築工事届を

  都道府県知事宛てに届け出た。」となります。

  ※10㎡を超えると届け出が必要になります。

4 設問の通りです。

  クレーンやエレベーターも労働基準監督署長に届け出が必要です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

1 .道路上に高所作業車を駐車して作業するため、道路使用許可申請書を警察署長宛てに届け出た。

 正しいです。

 道路使用許可書は警察署長宛、道路専用許可は道路管理者宛に届出を行います。

2 .振動規制法による特定建設作業を指定地域内で行うため、特定建設作業実施届出書を市町村長宛てに届け出た。

 正しいです。

 特定建設作業を行う場合は、作業を行う7日前に市町村長に届出を行います。

3 .延べ面積が20m2の建築物を建築するため、建築工事届を市町村長宛てに届け出た。

 間違いです。

 正しくは、都道府県知事に提出となります。

4 .支柱の高さが3.5m以上の型枠支保工を設置するため、設置の届けを労働基準監督署長宛てに届け出た。

 正しいです。

 型枠支保工の設置は、工事開始の14日前までに、

 所轄の労働基準監督署に届出を行います。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。