過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 4 問34を出題

問題

[ 設定等 ]
次の用語のうち、品質管理に最も関係の少ないものはどれか。
   1 .
SMW
   2 .
PDCA
   3 .
ばらつき
   4 .
トレーサビリティ
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 4 問34 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない

正解は1です。

SMW工法とはソイルセメント壁の代表的な工法です。
土(Soil)とセメント系の液体を混合(Mixing)し、地中に造る壁(Wall)の略称です。


1 止水壁にも利用できます。

2 Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の略です。

  品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法です。 


3 工場などで製造されている製品は、同じ原料、同じ機械を使って

  製造したとしても、品質は 不揃い=ばらつき が生じます。

4 商品の生産から廃棄等までの過程を追跡できる状態にする事を意味します。

  何かあった場合に、原因の特定と改善につなげられます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

下記の設問のうち品質管理に最も関係がないのは

1 (SMW)です。

各設問の解説について下記に記載します。

1 SMW(ソイルセメント注列壁)の略となっており、山留め工法の一種となります。

2 PDCA 施工サイクルの事を指し、Plan(計画)Do(実行)Check(確認)Action(改善)の略字となります。

3 ばらつきとは、品質のばらつきがある事を示しており、品質管理を行う上で、ばらつきの数を極力少なくするようにするのが良いとされています。

4 トレサービリティ

  商品の生産過程から実際の搬入取り付けまでの間を管理できるような体制のことを示します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。