過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 5 問39を出題

問題

[ 設定等 ]
型枠の締付け金物等に関する記述として、不適当なものを2つ選べ。
   1 .
セパレータは、せき板に対して垂直となるよう配置した。
   2 .
打放し仕上げとなる外壁コンクリートの型枠に使用するセパレータは、コーンを取り付けないものを用いた。
   3 .
塗り仕上げとなる壁コンクリートの型枠に使用するフォームタイと座金は、くさび式を用いた。
   4 .
柱の型枠に用いるコラムクランプは、セパレータと組み合わせて使用した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 5 問39 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない

正解は2.4です。

 

2→コーンを取り付けたものを使用します。

4→型枠を固定するための金物です、柱など4角の型枠を固定できます。

各選択肢については以下の通りです。

1 設問の通りです。 

  例えば、セパレータが斜めになっていると、壁を作る型枠の幅が一定にならず、

  壁が波打ちます。

2 打放し仕上げとなる外壁コンクリートの型枠に使用するセパレータは、

  コーンを取り付けます。

3 設問の通りです。 

  くさび式を用いる事でより強靭で変形しにくく、緩みにくいです。

4 コラム=角型鋼管 です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

1 .セパレータは、せき板に対して垂直となるよう配置した。

 正しいです。

 セパレーターとは、対面する型枠同士を緊結するものであり、

 せき板に対して垂直になるように配置します。

2 .打放し仕上げとなる外壁コンクリートの型枠に使用するセパレータは、コーンを取り付けないものを用いた。

 間違いです。

 打ち放し部分は、コーン取り外し後に詰めモルをする為、

 コーンを取り付けるようにします。

3 .塗り仕上げとなる壁コンクリートの型枠に使用するフォームタイと座金は、くさび式を用いた。

 正しいです。

 塗り仕上げとなる部分は、仕上げ時に座金が塗装される為、

 くさび式を用いる必要があります。

4 .柱の型枠に用いるコラムクランプは、セパレータと組み合わせて使用した。

 間違いです。

 コラムクランプは、セパレーターとは組み合わせができません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。