過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 5 問40を出題

問題

[ 設定等 ]
レディーミクストコンクリートに関する記述として、不適当なものを2つ選べ。
   1 .
コンクリート荷卸し時のスランプの許容差は、スランプの値に関係なく一定である。
   2 .
コンクリートに含まれる塩化物は、原則として塩化物イオン量で0.30kg/m3以下とする。
   3 .
空気量の許容差は、普通コンクリートよりも高強度コンクリートの方が大きい。
   4 .
単位水量は、最大値を185kg/m3とし、所定の品質が確保できる範囲内で、できるだけ少なくする。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 5 問40 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない

正解は1.3です。

 

1→スランプが8cm未満 → ±1.5cm、 

  8cm以上18cm以下 → ±2.5cm、

  18cmを超える → ±1.5cmとなります。

3→普通コンクリート、高強度コンクリート共 4.5% となります。

各選択肢については以下の通りです。

1 コンクリート荷卸し時のスランプの許容差は、スランプの値で

  不定となります。

2 設問の通りです。

  塩化物が多いと、コンクリートの中の鉄筋がさびやすくなります。

3 空気量の許容差は、普通コンクリートと高強度コンクリートは

  同じ値です

4 設問の通りです。

  単位水量が少ない方がより良いコンクリートとなります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

1 .コンクリート荷卸し時のスランプの許容差は、スランプの値に関係なく一定である。

 間違いです。

 スランプの値により、許容差は異なります。 

2 .コンクリートに含まれる塩化物は、原則として塩化物イオン量で0.30kg/m3以下とする。

 正しいです。

 塩化物量は0.3kg/m3以下とします。

3 .空気量の許容差は、普通コンクリートよりも高強度コンクリートの方が大きい。

 間違いです。

 高強度コンクリートの空気量は3%、普通コンクリートは5%なので

 高強度の方が小さいです。

4 .単位水量は、最大値を185kg/m3とし、所定の品質が確保できる範囲内で、できるだけ少なくする。

 正しいです。

 単位水量を出来るだけ少なくすることが高品質を確保する事に有効です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。