過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 4 問38を出題

問題

[ 設定等 ]
足場に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
枠組足場に使用する作業床の幅は、30cmとした。
   2 .
枠組足場の墜落防止設備として、交さ筋かい及び高さ15cm以上の幅木を設置した。
   3 .
移動式足場(ローリングタワー)の作業台上では、脚立の使用を禁止とした。
   4 .
移動式足場(ローリングタワー)の脚輪のブレーキは、移動中を除き、常に作動させた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 4 問38 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない

正解は1です。

40cm以上にします。

各選択肢については以下の通りです。

1 作業をする床なので、肩幅より狭いと危険です。

2 設問の通りです。

  交差筋交い及び下さん(15cm以上40cm以下)のパターンもあります。

3 移動式足場は車輪が付いていますので、

  グラグラしている架台にグラグラする脚立を置くのは危険です。


4 車輪がついているので、床に少しでも傾斜があると移動し危険です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

1 .枠組足場に使用する作業床の幅は、30cmとした。

 間違いです。

 最小幅は40cmと規定されています。

2 .枠組足場の墜落防止設備として、交さ筋かい及び高さ15cm以上の幅木を設置した。

 正しいです。

 交差筋交にくわえ15cm以上の巾木を設置することが

 安衛法にて定められています。

3 .移動式足場(ローリングタワー)の作業台上では、脚立の使用を禁止とした。

 移動式足場上に別途に足場を組むことは禁止されています。

 

4 .移動式足場(ローリングタワー)の脚輪のブレーキは、移動中を除き、常に作動させた。

 移動式足場は、移動時を除き常にブレーキを作動させます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。