過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和3年(2021年)前期 5 問42を出題

問題

[ 設定等 ]
床のフローリングボード張りに関する記述として、不適当なものを2つ選べ。
   1 .
フローリングボードに生じた目違いは、パテかいにより平滑にした。
   2 .
フローリングボード張込み後、床塗装仕上げを行うまで、ポリエチレンシートを用いて養生をした。
   3 .
フローリングボードの下張り用合板は、長手方向が根太と直交するように割り付けた。
   4 .
隣り合うフローリングボードの木口の継手位置は、すべて揃えて割り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和3年(2021年)前期 5 問42 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない

正解は1.4です。

 

1→目違いは削ったり、小さな木を埋めたりして平滑にします。

4→フローリングの継手位置は揃えません。

各選択肢については以下の通りです。

1 パテかいは石膏ボードなどの不陸調整に使い、その上にクロス等を

  貼ります。

2 設問の通りです。

  ポリエチレンシートで汚れ、傷などが付かない様に保護します。

3 設問の通りです。

  同じ方向にすると、下張りが浮いてきた時、一緒にフローリングも

  浮いてしまいます。

   

4 隣り合うフローリングボードの木口の継手位置は、すべて揃えず

  割り付けます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

不適当なものは、1と4です。

1.フローリングボードに生じた目違いは、ボードを削ったり、穴を埋めることで平滑にしますパテかいはクロス貼りや塗装面にある、不陸部分にパテを塗って、表面を平滑にする作業のことです。

2.問題文の通りです。フローリングボード張込み後、床塗装仕上げを行うまで、ポリエチレンシートを用いて養生を行います。

3.問題文の通りです。フローリングボードの下張り用合板は、長手方向が根太と直交するように割り付けを行います。

4.隣り合うフローリングボードの木口の継手位置は、揃えず乱にして割り付けます

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない

1 .フローリングボードに生じた目違いは、パテかいにより平滑にした。

 間違いです。  

 フローリングボードに生じた目違いは、パテかいにて不陸調整を行うと

 ひび割れの原因となるため、行ってはいけません。

2 .フローリングボード張込み後、床塗装仕上げを行うまで、ポリエチレンシートを用いて養生をした。

 正しいです。

 養生はポリエチレンシート等で行い、床塗装仕上げを行うまでは、

 下地面を保護するように気を付けなければいけません。

3 .フローリングボードの下張り用合板は、長手方向が根太と直交するように割り付けた。

 正しいです。

 長手方向と直交しないと、強度が低下する為、必ず直交させるように

 しなければなりません。

4 .隣り合うフローリングボードの木口の継手位置は、すべて揃えて割り付けた。

 間違いです。

 継手位置は、重なり合ってはいけない為、揃えてはいけません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。