過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23596問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他一気圧で、引火点が21℃未満のものをいう。
   2 .
第二石油類とは、灯油、軽油その他一気圧で、引火点が21℃以上70℃未満のものをいう。
   3 .
第三石油類とは、重油、クレオソート油その他一気圧において引火点が70度以上200度未満のものをいう。
   4 .
第四石油類とは、ギヤー油、シリンダー油その他一気圧において引火点が200度以上250度未満のものをいう。
   5 .
動植物油類とは、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したものであって、1気圧において引火点が200度未満のものをいう。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問8 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
94
評価しない
正解は 5 です。

動植物油類とは、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したもので、1気圧において引火点が250℃未満のものです。そのため、「200℃未満」の表記が誤りです。


1. 第1石油類とは、1気圧で引火点が21℃未満のものです。アセトンもガソリンもこちらに該当します。

2. 第2石油類とは、1気圧で引火点が21℃以上70℃未満のものです。灯油も軽油もこちらに該当します。

3. 第3石油類とは、1気圧で20℃において液体であって、引火点が70℃以上200℃未満のものです。重油もクレオソート油もこちらに該当します。

4. 第4石油類とは、1気圧で20℃において液体であって、引火点が200℃以上250℃未満のものです。ギヤー油もシリンダー油もこちらに該当します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
32
評価しない
正解は5です。

動植物油類は、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したものであって、1気圧において引火点が250度未満のものをいいます。200度未満が誤りです。

第4類危険物の引火点
特殊引火物:-20℃以下
第1石油類:21℃未満
第2石油類:21℃以上70℃未満
第3石油類:70℃以上200℃未満
第4石油類:200℃以上250℃未満
動植物油類:250℃未満
~語呂合わせ~
マイナー(マイナス)な20歳は1に21歳未満、2に21歳以上70歳未満、3に70歳以上200歳未満、4に200歳以上250歳未満、の隠花(引火)と250歳以上の動植物を展示する
(隠花:かつて下等植物としてみなされていた生物にたいして使われていた分類用語
20歳のマイナーな少年が動植物を年齢に分類して展示しているイメージ)
評価後のアイコン
評価する
20
評価しない
200度未満が誤り、正しくは250度未満です。
評価後のアイコン
評価する
14
評価しない
動植物油類の引火点は250度未満です。

以下の一~七の品名の定義は消防法別表第1の備考に記載してあります。引火点や発火点、沸点は覚えましょう。アルコール類と特殊引火物以外は引火点により分類されています。

一 特殊引火物、二 第一石油類、三 アルコール類、
四 第二石油類、五 第三石油類、六 第四石油類、七 動植物油類

『アルコール類の炭素数は1個から3個』、『一気圧』など、品名の定義は消防法別表第1の備考に記載されているキーワードは丸暗記しましょう。また、みなさんが購入される危険物取扱者試験の解説書は消防法などの重要な部分のコピペです。法律なので変更できないのです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。