過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23708問」を出題

問題

[ 設定等 ]
燃焼範囲の説明として、次のうち誤っているものはどれか。
   1 .
燃焼範囲とは可燃性ガスが燃焼するために必要なガス濃度範囲のことである。
   2 .
可燃性ガスの種類によらず、燃焼範囲はすべて同一である。
   3 .
. 同一の可燃性ガスでも、温度が高いと燃焼範囲は広くなる。
   4 .
同一の可燃性ガスでも、圧力が高いと燃焼範囲が広くなる。
   5 .
同一の可燃性ガスでも、温度が低いと燃焼範囲は狭くなる。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問118 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
可燃性の気体(蒸気)が燃焼する蒸発燃焼や分解燃焼は、
蒸気と空気(酸素)が混ざれば燃える というものではなく、
混ざった割合が ある程度の範囲のときに燃えます。

それを燃焼範囲(爆発範囲)といいます。

燃焼範囲は、
可燃性蒸気と空気が混ざった混合気体のうち、
可燃性蒸気がどれくらいの割合になっているかで表します。

ぴったり、この割合になったときに燃える、というのではなく、ある程度範囲があって、
可燃性蒸気がここからここまでの濃度になったときに燃える、というものです。

燃焼範囲内でなければ燃えないので、
可燃性蒸気の濃度が薄すぎても濃すぎても 燃えないということになります。


燃焼範囲は、
可燃性ガス(可燃性蒸気)の種類によって異なります。
また、圧力、温度が高くなると、燃焼範囲が広くなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
1【正】
燃焼範囲とは可燃性ガスが燃焼するために必要なガス濃度範囲のことである。

可燃性ガスが空気中での混合率が燃焼範囲に含まれるとき、燃焼が発生します。
燃焼範囲で高濃度の方を燃焼上限界(爆発上限界)、低濃度の方を燃焼下限界(爆発下限界)といいます。

2【誤】
可燃性ガスの種類によらず、燃焼範囲はすべて同一である。

燃焼範囲は、可燃性ガスの種類によって大きく異なります。燃焼範囲が広い物質は、広い濃度範囲で引火・爆発の危険が高い物質です。反対に燃焼範囲が狭い物質は、引火・爆発の危険が低い物質です。

3 , 4 , 5 【正】
燃焼範囲は可燃性ガスの種類だけでなく、
高温・高圧で広く(引火しやすく)なります。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
燃焼範囲は、可燃物の種類によって異なります。

●燃焼範囲
可燃性蒸気と空気の混合ガスに点火すると、急激に燃焼し、爆発します。このような燃焼・爆発は、混合気体の濃度の割合が一定の範囲で起こります。
この範囲を燃焼範囲といい、混合ガスに対する可燃性蒸気の容量%で表します。
燃焼範囲のうち低濃度側の下限値を燃焼下界、高濃度側の上限値を燃焼上限界といいます。
燃焼範囲の広い物質ほど、また、燃焼下限界の小さい物質ほど引火の危険性が高くなります。

●引火点と発火点
引火点は、その液体が空気中で点火したとき燃え出すのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生させる最低の液温です。
発火点は、空気中で可燃性物質を加熱したとき、これに発火源を近づけなくても発火し燃焼を始める最低の温度の事で、着火温度とも言います。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
燃焼範囲は可燃性ガスの種類によって異なります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。