過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23717問」を出題

問題

[ 設定等 ]
トタン板(鉄板に亜鉛めっきしたもの)及びブリキ板(鉄板にスズをめっきしたもの)について、それぞれめっき部分に中の鉄板までとどく傷をつけて屋根に放置し、雨水にさらした場合、次の記述のうち正しいものはどれか。
   1 .
ブリキ板の内部の鉄板は、急速に錆びる。
   2 .
ブリキ板の内部の鉄板は、なかなか錆びない。
   3 .
トタン板もブリキ板も内部の鉄板は、なかなか錆びない。
   4 .
トタン板もブリキ板も内部の鉄板は、急速に錆びる。
   5 .
トタン板の内部の鉄板は、急速に錆びる。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問127 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
63
評価しない
内部の鉄板が錆びやすいか、錆びにくいかは、
鉄が酸化されやすいか、酸化されにくいか ということです。

金属には「イオン化傾向」という 陽イオンになりやすい順番があって、
この「イオン化傾向」が大きいと 酸化されやすくなります。

トタン板は、鉄よりも「イオン化傾向」が大きい亜鉛をめっきしているので、
傷をつけて中の鉄が雨水にさらされても
周囲の亜鉛が先に酸化され、皮膜をつくって鉄を守ります。

一方、ブリキ板は、鉄よりも「イオン化傾向」が小さいスズをめっきしているため、
スズが鉄を覆っているうちは非常に錆びにくいですが、
いったん傷がついて中の鉄が現れ、雨水にさらされると 急速に錆びてしまいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
イオンへのなりやすさは、Zn(亜鉛)>Fe(鉄)>Sn(スズ)の順です。一番錆びやすいのは亜鉛です。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
問題文に出てくる金属をイオン化傾向順に並べると
Zn > Fe > Sn

左側の金属ほど酸化・腐食されやすいので、
亜鉛は鉄より腐食されやすく、鉄はスズより腐食されやすいことがわかります。

メッキについても同様で、
ブリキ(Fe, Sn)では、内部の鉄が先に腐食され、表面の見映えは保たれます。
トタン(Fe, Zn)では、表面の亜鉛が先に腐食され、内部の鉄が守られます。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
文章の通りです。

鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、スズ(Sn)のさびやすさ、すなわちイオン化傾向を比較すればよいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。