過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第30772問」を出題

問題

[ 設定等 ]
移動タンク貯蔵で誤っているものを選べ。
   1 .
移動タンク貯蔵所は、屋外の防火上安全な場所または壁、床、はりおよび屋根を耐火構造とし、もしくは不燃材料で造った建築物の一階に常置すること。
   2 .
移動貯蔵タンクは、容量は30000L以下とし、かつ、その内部に4000L以下ごとに完全な間仕切を厚さ3.2mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で設けること。
   3 .
間仕切により仕切られた部分には、それぞれマンホールおよび安全装置を設け、厚さ3.2mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で造られた防波板を設けること。
   4 .
移動貯蔵タンクのマンホールおよび注入口のふたは、厚さ3.2ミリメートル以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で造ること。
   5 .
移動貯蔵タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で気密に造り、圧力タンクを除くタンクでは70kPaの圧力で、圧力タンクでは最大常用圧力の1.5倍の圧力で、それぞれ10分間おこなう水圧試験で、漏れ、または変形しないものであること。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問221 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
防波板は厚さ1.6mm以上と定められているので、3番に記載されている3.2mm以上というのは誤りです。したがって、正解は3番です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
正解は 3 です。

1:正しい
移動タンク貯蔵所は、屋外の防火上安全な場所または壁、床、はりおよび屋根を耐火構造とし、もしくは不燃材料で造った建築物の一階に常置する必要があります。

2:正しい
移動貯蔵タンクは、容量は30000L以下とし、かつ、その内部に4000L以下ごとに完全な間仕切を厚さ3.2mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で設ける必要があります。

3:誤り
防波板の厚さは 1.6mm以上です。「厚さ3.2mm以上」は誤りであり、「厚さ1.6mm以上」が正しいです。
間仕切により仕切られた部分には、それぞれマンホールおよび安全装置を設け、厚さ1.6mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で造られた防波板を設ける必要があります。

4:正しい
移動貯蔵タンクのマンホールおよび注入口のふたは、厚さ3.2ミリメートル以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で造る必要があります。

5:正しい
移動貯蔵タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板またはこれと同等以上の機械的性質を有する材料で気密に造り、圧力タンクを除くタンクでは70kPaの圧力で、圧力タンクでは最大常用圧力の1.5倍の圧力で、それぞれ10分間おこなう水圧試験で、漏れ、または変形しないものである必要があります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
3.が誤りです。
3.2mm以上の鋼板はタンクの材質のことで、防波板は1.6mmです。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
防波板は1.6mm以上です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。