過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第41662問」を出題

問題

[ 設定等 ]
沸点と蒸気圧について、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
液体の飽和蒸気圧と外圧が等しくなる時の液体の温度を沸点という。
   2 .
水に食塩を溶かすと、沸点が低くなる
   3 .
沸点は加圧すると低くなり減圧すると高くなる
   4 .
1気圧下のすべての液体は、液温が110℃以上になると沸騰する
   5 .
液内部から蒸発が激しく起こり始めた状態を沸騰という。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問264 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない

正解は1です。

1 . 正解です。

2 . 誤りです。
水に食塩を溶かすと、沸点が高くなります。

3 . 誤りです。
沸点は加圧すると高くなり、減圧すると低くなります。

4 . 誤りです。
1気圧下のすべての液体が、液温が110℃以上になる
と沸騰するわけではありません。
液体によって異なります。

5 . 誤りです。
液内部から気化が激しく起こり始めた状態を
沸騰といいます。
蒸発は、水面の表面から気化が起こる現象を
いいます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1 . 液体の飽和蒸気圧と外圧が等しくなる時の液体の温度を沸点といいます。(正解)
2 . 水に食塩を溶かすと沸点が「高く」なります。これは食塩が不揮発性だからです。
3 . 沸点は加圧すると「高く」なり減圧すると「低く」なります。
4 .沸点は物質により異なります。すべての液体が110℃以上で沸騰するわけではありません。
5 . 蒸発とは液体表面から気化が起こる現象であり、液内部から「気化」する現象を沸騰といいます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1です。

沸騰とは、「液体の飽和蒸気圧が外気の圧力に等しくなり、
液内部から気化が激しく起こる現象」を意味しています。
そして沸騰するときの液温が「沸点」です。

このことを踏まえながら、各選択肢について補足事項とともに説明します。
1. 〇 沸騰し始めている段階では液体の飽和蒸気圧は外圧に等しく
   なります。したがって、その時点での液温が沸点です。

2. × 水に不揮発性物質(食塩、砂糖など)が溶け込むと、
   沸点は高くなります。

3. × 沸騰には「液体の飽和蒸気圧」が「外圧」と等しくなる必要が
   あります。加圧すれば外圧は増加しているわけですから、
   沸騰はしにくくなる、つまり温度を更に上げないと沸騰しなく
   なります。減圧の場合は逆です。したがって、沸点は加圧すると
   高くなり、減圧すると低くなります。

4. × 同じ気圧でも、沸点は物質で異なります。例えばガソリンなら
   40 ℃~220 ℃です。したがってこれは誤りです。

5. × 「蒸発」とは液体の表面から気化することを意味しています。
    沸騰の場合、液内部からの「気化」が生じているのですから、
   これは誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。