過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第41691問」を出題

問題

[ 設定等 ]
触媒による化学反応の説明とした、次の内正しいものはどれか。
   1 .
化学反応の活性化エネルギーを増加させる。
   2 .
反応時の温度変化は小さくなる。
   3 .
反応速度を速くする。
   4 .
反応後に触媒は分解される。
   5 .
化学反応の平衡には影響を及ぼさない。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問293 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない

正解は3です。

1 . 誤りです。
触媒を使用すると化学反応の活性化エネルギーは
小さくなります。つまり、化学変化に必要なエネル
ギーが小さくなり、反応しやすくなります。

2 . 誤りです。
触媒の有無により、反応時の温度変化は変わりませ
ん。

3 . 正解です。

4 . 誤りです。
化学反応により、触媒そのものは変化しません。

5 . 誤りです。
化学反応の平衡に影響を及ぼします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
触媒による化学反応で正しいものは
3 . 反応速度を速くする。
です。
触媒とは、自身は変化せず化学変化の反応を速める物質をいいます。

他の選択肢は次の点に誤りがあります。
1 .触媒を用いると反応速度が速まるため、化学反応を進行させるための活性化エネルギーは「減少」します。

2 . 触媒による反応時の温度変化はありません。

4 . 触媒は反応の前後で変化しません。

5 .触媒は化学反応の平衡に影響し、平衡に至る時間を短くすることができます。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は3です。

各選択肢について補足事項とともに説明します。

1. × 触媒によって活性化エネルギーを下げ、反応速度を上げることができます。

2. × 温度変化は化学反応前後の状態で決まり、間に入る
   活性化エネルギーの大小とは関係ありません。
   つまり、温度変化は触媒を使った場合でも変わりません。

3. 〇 正しい内容です。
   触媒は特定の化学反応に対して反応速度を速くすることができます。

4. × 化学反応において、触媒自体は変化しません。

5. × 可逆反応においては、正反応が進むと逆反応も生じ、やがて
   平衡になります。触媒によって反応速度が速くなると、
   平衡に至る時間も短縮されることになります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.触媒は本来の経路よりも少ないエネルギーで反応を起こすので、活性化エネルギーは低下します。

2.反応時の温度変化は、物質の濃度の比率によって発生するので、触媒の濃度は温度変化には関与しません。

3.小さい活性化エネルギーで反応が進むため、反応速度は速くなります。

4.反応の前後で、触媒そのものには変化は起こりません。

5.触媒は化学変化のエネルギーをより小さくし、反応を速くする作用を起こします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。