過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問92

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
製造所等における危険物の貯蔵や取扱いについて、危険物の類ごとの技術上の基準の内、正しいものはどれか。
   1 .
第一類危険物とは、火災により着火しやすい固体または比較的低温で引火する固体である。
   2 .
第二類危険物は、空気中で自然発火しまたは水と接触して発火する。
   3 .
第三類危険物は、可燃物と混合され、熱などによって分解し、極めて激しい燃焼をおこさせる危険性を有する固体である。
   4 .
第五類危険物は、引火性を有する液体である。
   5 .
第六類危険物は、混在する他の可燃物の燃焼を促進する性質を有する液体である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問92 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
67
評価しない

1、第一類は可燃性固体、引火性固体(あるのでしょうか?)ではありません。
2、第三類の説明になっている。
3、第五類の説明になっている。
4、第四類の説明になっている。

解説の画像
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
31
評価しない
5が正しです。
●第1類 酸化性 個体  不燃性 酸素供給源
●第2類 可燃性 個体 可燃性 低温で着火
●第3類 自然発火・禁水 個体・液体 可燃一部不燃 空気水と接触して発火
●第4類 引火性 液体 可燃性 
●第5類 自己反応性 個体・液体 可燃性
●第6類 酸化性 液体 不燃性 
評価後のアイコン
評価する
19
評価しない
1は第一類ではなく第二類の説明です。
2は第二類ではなく第三類の説明です。
3は第三類ではなく第五類の説明です。
4は第五類ではなく第四類の説明です。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は5番です。

1番:誤り
第一種危険物は酸化性固体が分類され、消防法の別表第一の備考一に、
酸化性固体とは、固体(液体(一気圧において、温度二〇度で液状であるもの又は温度二〇度を超え四〇度以下の間において液状となるものをいう。以下同じ。)又は気体(一気圧において、温度二〇度で気体状であるものをいう。)以外のものをいう。以下同じ。)であつて、酸化力の潜在的な危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すもの又は衝撃に対する敏感性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すものであることをいう。
と記載されており、誤りの記述となります。

2番:誤り
第二種危険物は可燃性固体が分類され、消防法の別表第一の備考二に、
可燃性固体とは、固体であつて、火炎による着火の危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すもの又は引火の危険性を判断するための政令で定める試験において引火性を示すものであることをいう。
と記載されており、誤りの記述となります。

3番:誤り
第三種危険物は自然発火性物質及び禁水性物質が分類され、消防法の別表第一の備考八に、
自然発火性物質及び禁水性物質とは、固体又は液体であつて、空気中での発火の危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すもの又は水と接触して発火し、若しくは可燃性ガスを発生する危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すものであることをいう。
と記載されており、誤りの記述となります。

4番:誤り
第五種危険物は自己反応性物質が分類され、消防法の別表第一の備考十八に、
自己反応性物質とは、固体又は液体であつて、爆発の危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すもの又は加熱分解の激しさを判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すものであることをいう。
と記載されており、誤りの記述となります。

5番:正しい
第六種危険物は酸化性液体が分類され、消防法の別表第一の備考二十に、
酸化性液体とは、液体であつて、酸化力の潜在的な危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すものであることをいう。
と記載されており、その酸化力によって混在する他の可燃物の燃焼を促進する性質を有する液体のため、正しい記述となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。