過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問98

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
比熱が2.8(J/g・℃)である液体150gが15℃から35℃に上昇させるために必要な熱量はどれだけか。
   1 .
8.0kJ
   2 .
8.2kJ
   3 .
8.4kJ
   4 .
8.6kJ
   5 .
8.8kJ
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問98 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
64
評価しない
比熱(J/(g・℃))×重さ(g)×温度差(℃)=熱量(J)ですので、
2.8×150×20=8400J→8.4kJ
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は3番です。

15℃から35℃までの温度差は20℃であり、
必要な熱量は

2.8J/g・℃×150g×20℃=8400J=8.4kJ

となり、3番が正解となります。

比熱の計算式を覚えていなくても、
与えられた数字の単位を文字式の文字と考えて、
求める数字の単位に合わせるようにすれば、計算式を立てることができます。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
3が正しいです。
熱量の求め方
熱量(J)=比熱(j/(g・k))×質量(g)×変化した温度(K)(35-15℃)
2.8×150×20=8400J→8.4kJ
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
上昇させる温度は20℃(15℃から35℃より)
これに比熱と重さをかけると
20*2.8*150=8.4

となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。