過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問125

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の組み合わせのうち、互いに同素体の関係にないものはどれか。
   1 .
水素  重水素
   2 .
斜方イオウ  単斜イオウ
   3 .
ダイヤモンド  グラファイト
   4 .
酸素  オゾン
   5 .
黄リン  赤リン
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問125 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
124
評価しない
【1:同位体】
同位体とは、同じ原子でも中性子の数が異なるもの同士のことをいいます。

原子には原子核があり、陽子と中性子からできています。
陽子の数が同じ(原子番号が同じ)でも
中性子の数が異なるものを同位体といいます。

【2:同素体】
同素体とは、同じ原子で出来ている単体でありながら
科学的性質が異なるもの同士のことをいいます。

硫黄には多くの同素体が存在しますが、
一般的には、斜方硫黄S8、単斜硫黄S8が知られています。

【3:同素体】
ダイヤモンドC と 黒鉛(グラファイト)C は 同素体です。

【4:同素体】
酸素O2 と オゾンO3 は 同素体です。

【5:同素体】
黄リンP4 と 赤リンPn は 同素体です。

※同素体は 一般的には 4つ覚えておけば良いです。
  S硫黄、C炭素、O酸素、Pリン の4つで SCOP(スコップ)です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
33
評価しない
水素と重水素は同位体の関係です。

●同素体・・・同じ元素からなる単体で化学的性質(反応性など)が異なるもの。

●同位体・・・原子番号が同じで、質量数の異なる原子同士のこと。

●異性体・・・同じ種類の原子を持っているが、違う構造をしている物質のこと。
解説の画像
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
同素体は同じ元素からできていて性質が異なる単体のことです。

水素と重水素は元素の中性子の数が異なる同位体に該当します。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
同素体とは、同じ元素から成る単体のことです。互いに性質は異なります。

1【誤】
水素は質量数1のH、重水素は質量数2のHです。
(原子核の質量が中性子1個分違います)
このように、質量数の異なる原子同士を同位体といいます。互いに化学的性質はほとんど同じです。

2
斜方イオウと単斜イオウはともにS8で表記されるイオウの同位体です。
常温常圧では針状の斜方イオウがより安定です。

3
ダイヤモンドとグラファイトは炭素の同素体です。原子配列の違いにより、硬度・電気伝導性が大きく異なります。

4
酸素O2は無色無臭の気体です。助燃性があり、物が燃えるときに必ず必要です。
オゾンO3は淡青色特異臭の気体です。強い酸化力があり、殺菌・漂白作用があります。

5
黄リンP4は正四面体の分子です。黄褐色のロウ状の固体で、空気中で自然発火する性質があります。また、猛毒として知られています。
赤リンPは網目状構造をもちます。赤褐色粉末で、
黄リンとは異なり自然発火することも毒性もありません。マッチ箱として利用されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。