過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18476問」を出題

問題

[ 設定等 ]
理容師法に違反した場合の行政処分とその手続きに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
理容所の開設者が、理容師でない者に理容の業を行わせたときは、期間を定めてその理容所の閉鎖を命じられることがある。
   2 .
理容所の開設者が、環境衛生監視員の立入検査を正当な理由なく拒んだ場合、理容所の閉鎖を命じられることがある。
   3 .
理容師法により違法又は不当な行政処分を受けた場合は、審査請求又は異議申立てができる。
   4 .
理容師の免許取消処分を受けた者であっても、その後の事情により再び免許を与えることが適当と認められる場合、再免許を与えられることがある。
( 第27回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は、2です。

1 理容所の開設者が、理容師でない者に美容の業を行わせたときは、期間を定めてその理容所の封鎖を命じられることがあります。

2 理容所の開設者が、環境衛生監視員の立入検査を正当な理由なく拒んだ場合、理容所の封鎖を命じられることはありません。

3 理容師法により違法又は不当な行政処分を受けた場合は、審査請求又は異議申立てができます。

4 理容師の免許取消処分を受けた者であっても、その後の事情により再び免許を与えることが適当と認められる場合、再び免許を与えられることがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解 2
「理容所の閉鎖」→「30万円以下の罰金」

理容師法の罰則は30万円以下の罰金だけとなり、
この処罰に該当する事項としては他に
無免許での業務や理容所開設の無届などがあります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は2です

環境衛生監視員の立入検査を正当な理由なく拒んだ場合には、30万円以下の罰金に処されます。よって2の、「美容室の閉鎖を命じられることがある」
というのは間違いです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

2 . 理容所の開設者が、環境衛生監視員の立入検査を正当な理由なく拒んだ場合、理容所の閉鎖を命じられることがある。
(答え:× 理容所の閉鎖ではなく、三十万円以下の罰金に処する。が正解です。)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。