過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18521問」を出題

問題

[ 設定等 ]
シェービングにおけるラザーリングに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
ラザーリングを行う場合、肘関節を軸とする回転運動で行う。
   2 .
毛孔部分に十分泡を塗布するには、毛流と逆の方向にブラシを運行する。
   3 .
ブラシの圧力は、毛先が皮膚表面からそり返る程度がよい。
   4 .
ラザーリングは、皮膚とひげの水分を取り除きシェービングしやすくなる。
( 第27回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は、2です。

1 ラザーリングを行う場合、手関節を軸とする回転運動を行います。

2 毛孔部分に十分泡を塗布するには、毛流と逆の方向にブラシを運行します。

3 ブラシの圧力は、肌触りが柔らかく、皮膚を強く刺激しないものが適しています。

4 ラザーリングは、皮膚とひげに水分を保ち、シェービングしやすくすることが目的です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2です。

【ラザーリング】
シェービングの事前処理として顔面にブラシで石けんを塗布することです。
2回行います。

1 . 手関節を軸とする回転運動で行います。

2 . 毛孔部分に十分泡を塗布するには、毛流と逆の方向にブラシを運行します。

3 . ブラシの圧力は、毛先が皮膚表面からそり返らない程度にします。

4 . 2回目のラザーリングは、皮膚とひげの水分を保ちシェービングしやすくすることが目的です。
(1回目は皮膚の汚れやあぶら分を取り除きます)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。