過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18530問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本の上水道に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
供給水の水質基準は、水道法に基づき、定められている。
   2 .
適用される水質基準は、上水道と簡易水道で異なる。
   3 .
上水には、消毒の目的で残留塩素が含まれている。
   4 .
上水は、取水、導水、浄水、送・配水の過程を経て供給される。
( 第28回 理容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は、2です。

1 供給水の水質基準は、水道法に基づき、定められています。

2 適用される水質基準は、上水道と簡易水道では同じです。

3 上水には、消毒の目的で残留塩素が含まれています。

4 上水は、取水、導水、浄水、送・配水の過程を経て供給されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解:2
誤っているのを選ぶので他は正解です。
水道法で給水人口や水道から給水を受ける受水槽容量で種類を分けています。
給水人口101~5000人以下の上水道を簡易水道、001人以上を上水道と定めていますが水質基準についての違いはありません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

正解は2です。

上水・・・人が飲むために供給される水です。

1.供給水の水質基準は、水道法に基づき、定められています。(病原体や有害化学物質が含まないなど)

2.簡易水道とは小規模な上水道のことです。適用される水質基準は、上水道と簡易水道で全く同じです。

3.上水には、消毒の目的で残留塩素が含まれています。(0.1mg/L以上に保持されるよう規定されています)

4.上水は、取水、導水、浄水、送・配水の過程を経て供給されます。特に重要なのは浄水で、原水は浄水場で清潔にされます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。