過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18601問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚及び皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
皮膚表面のpHは弱アルカリ性を示し、皮膚の分泌がこの値に最も影響を与える。
   2 .
蕁麻疹、円形脱毛症、多汗症では、精神状態が病気の経過に影響を及ぼすことも少なくない。
   3 .
サンスクリーン剤は、紫外線の吸収作用をもつタイプと紫外線の散乱作用をもつタイプの2つに分けられる。
   4 .
油性のフケ症では、よくシャンプーして、汚れやフケを落とすことが大切である。
( 第29回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解:1
皮膚表面のphは、弱アルカリ性ではなく弱酸性を保っています。
2→蕁麻疹、円形脱毛症、多汗症では、精神状態が影響する場合が少なくありません。ストレスが加わると発症することがわかっています。
3→サンスクリーン剤はUVAとUVBを防御し、サンバーンとサンタン両方を防いで日焼けを防止する効果があります。
4→油性(脂性)のフケはよくシャンプーして、汚れやフケを落とすことが大切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は1で、誤った文章です。
2,3,4は正しい文章です。

1 皮膚表面のpHは弱アルカリ性ではなく、弱酸性を示します。

2 蕁麻疹、円形脱毛症、多汗症では、精神状態が影響する場合が少なくありません。ストレスによって起こることがよくあります。

3 サンスクリーン剤(=日焼け止め)は、紫外線の吸収作用(紫外線吸収剤)のあるタイプと紫外線の散乱作用(散乱剤)のあるタイプがあります。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌に届くのを防ぐものです。散乱剤は、紫外線を反射させて肌に届くのを防ぐものです。

4 油性(脂性)のフケ症ではよくシャンプーして、汚れやフケを落とすことが大切です。大きくベトつきのあるフケが出る場合は油性、細かくパサついたフケが出る場合は乾性です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は1です。

1 皮膚表面のpHは弱酸性を示す。

2 蕁麻疹、円形脱毛症、多汗症では、精神状態が影響する場合が少なくない。

3 サンスクリーン剤は、紫外線の吸収作用(紫外線吸収剤)のあるタイプと紫外線の散乱作用(散乱剤)のあるタイプがある。

4 油性のフケ症ではよくシャンプーして、汚れやフケを落とすことが大切である。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。