過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24798問」を出題

問題

[ 設定等 ]
喫煙に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
膀胱がんの罹患の危険性を高める。
   2 .
受動喫煙は、小児ぜんそくの罹患の危険性を高める。
   3 .
わが国の20歳以上の男性の喫煙率は、年々増加傾向にある。
   4 .
健康増進法には、受動喫煙防止について規定されている。
( 第32回 理容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は 3 です。

わが国の20歳以上の男性の喫煙率は、年々「低下」傾向にあります。若い女性の喫煙率は増加の傾向にあるそうです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
答えは3です。

【喫煙のリスク】
喫煙は、多くの健康被害の可能性があります。
タバコには、多くの有害物質が含まれているからです。
それを慢性的に、体内に取り込むことが原因です。


1、
膀胱は、喫煙の影響が届きにくいイメージですが、膀胱がんの原因に喫煙があると分かっています。
タバコの煙には、60種類以上の発がん性物質や発がん性促進物があります。
体内に取り込まれた有害物質は、一時的に尿として膀胱にたまり、有害物質にさらされる時間が長く、がん化のリスクが高くなります。

よって、正しいです。

2、
受動喫煙とは、自分の意志とは関係なく副流煙を吸い込むことを言います。
受動喫煙によって子どもが受けるリスクは、
・乳幼児突然死症候群
・喘息
・呼吸器低下
・中耳の病気
・虫歯
などです。

受動喫煙によって、小児喘息のリスクは上がります。
よって、正しいです。

3、
男性の喫煙率 1965年82.3%
       1990年60.5%
       2015年31.0%

男性の喫煙率は年々減少しています。
よって、(増加の傾向)→(減少の傾向)の間違いなので、これが正解になります。

4、
健康増進法とは、国民の健康維持と現代病予防を目的とした法律です。
受動喫煙の防止についても書かれています。
よって、正しいです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、 3 です。

1 喫煙は、膀胱がんの罹患の危険性を高めます。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

2 受動喫煙は、小児ぜんそくの罹患の危険性を高めます。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。

3 わが国の20歳以上の男性の喫煙率は、年々低下傾向にあります。質問は、誤っている記述を聞いているので、 3 が正解です。

4 健康増進法には、受動喫煙防止について規定されています。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。