過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24821問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚疾患と関連の深い因子に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。
   1 .
肝斑( シミ )  ─── 真菌( カビ )
   2 .
癤              ─── 細菌( 化膿菌 )
   3 .
単純性疱疹( 単純性ヘルペス ) ─── シラミ
   4 .
尋常性毛瘡( カミソリカブレ ) ─── ヒゼンダニ
( 第32回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は 2 です。

1:肝斑(シミ)ー女性ホルモンのバランス
3:単純性疱疹(単純性ヘルペス)ー単純性疱疹ウイルス
4:尋常性毛瘡(カミソリカブレ)ー化膿菌
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
答えは2です。

1、
肝斑(かんぱん)
別名、シミと言います。
顔の中心を軸に左右対称にできます。
色素異常の皮膚疾患です。

よって、組合せは違います。

2、
癤(せつ)
別名、おできと言います。
毛包や毛包周辺が黄色ブドウ球菌などの細菌感染でおきます。
細菌による皮膚疾患です。

よって、組み合わせが正しいので、これが正解です。

3、
単純性疱疹(たんじゅんせいほうしん)
別名、単純性ヘルペスと言います。
口唇や性器周囲に出ることが多く、水疱や皮膚の違和感があります。
ウィルスによる皮膚疾患です。

よって、組合せは違います。

4、
尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)
別名、カミソリカブレと言います。
ひげの生える部分の毛包に、黄色ブドウ球菌が炎症をおこします。
細菌による皮膚疾患です。

よって、組合せは違います。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は、 2 です。

1 肝斑( シミ )は、原因がはっきりしていません。紫外線、化粧、妊娠、女性ホルモンのえいきょうだという説があります。質問は、正しい組み合わせを聞いているので、不正解です。

2 癤は、細菌( 化膿菌 )が、関連の深い因子です。質問は、正しい組み合わせを聞いているので、 2 が正解です。

3 単純性疱疹( 単純性ヘルペス )は、単純性疱疹ウイルス が、関連の深い因子です。体調の悪いときに再発しやすいです。質問は、正しい組み合わせを聞いているので、不正解です。

4 尋常性毛瘡( カミソリカブレ )は、化膿菌 が、関連の深い因子です。早めに適切な治療を受けます。質問は、誤っている記述を聞いているので、不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。