過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24836問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ヘアスタイルと頭の形に関する次の文章の(   )内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「 ヘアスタイルを構成するにあたり、凸面タイプの場合は、( A )に高さの頂点をおき、分髪線は( B )し、後頭部は( C )ほうがよい。」
   1 .
A:クラウン  B:長く  C:高めに刈り上げる
   2 .
A:クラウン  B:短く  C:高く刈り上げない
   3 .
A:前頭部  B:長く  C:高く刈り上げない
   4 .
A:前頭部  B:短く  C:高めに刈り上げる
( 第32回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は2です。

「 ヘアスタイルを構成するにあたり、凸面タイプの場合は、( クラウン )に高さの頂点をおき、分髪線は( 短く )し、後頭部は( 高く刈り上げない )ほうがよい。」

【ヘアスタイルと頭の形】

●普通タイプ 
比較的自由にシルエットをつくることができます。

●凸面タイプ(突出タイプ)
クラウンの部分を高さの頂点にします。
分髪線は奥行きを浅く見せるために短くします。
後頭部は、刈り上げない方が良いです。

●平面タイプ(欠損タイプ) 
前頭部に高さの頂点を置きます。
分髪線は奥行きを深く見せるために長くします。
後頭部は高めに刈り上げて立体感を出します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は、 2 です。

×1.平面タイプの方のヘアスタイルには、高めの刈り上げが適しています。問題は凸面タイプの方のヘアスタイルについてなので不正解です。

〇2.ヘアスタイルを構成するにあたり、凸面タイプの場合は、クラウンに高さの頂点をおき、分髪線は短くし、後頭部は高く刈り上げないほうがよいです。よって 2 が正解です。

×3.平面タイプの方のヘアスタイルには、前頭部に高さの頂点を置くのが適しています。問題は凸面タイプの方のヘアスタイルについてなので不正解です。

×4.前頭部に高さの頂点をおき、分髪線は短くし、後頭部は高めに刈り上げるヘアスタイルは比較的に自由にシルエットデザインができる標準タイプの方に適しています。問題は凸面タイプの方のヘアスタイルについてなので不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。