過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24839問」を出題

問題

[ 設定等 ]
染毛剤によるカラーリングに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
カラーリングは、パーマネントウェーブと同時に施術するとよい。
   2 .
調合済の染毛剤は、冷暗所で保存すれば長期間使用できる、
   3 .
パッチテストの結果が陰性であっても、頭部に傷がある人の染毛は、施術してはならない。
   4 .
眉毛やまつ毛の染毛は、染毛剤が目に入らないように十分注意して行う。
( 第32回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない

正解は 3 です。

×1.カラーリングは、パーマネントウェーブとの同時施術は適していません。1週間経過後の施術が適しているとされています。誤っている記述ですので不正解です。

×2.冷暗所における長期保存が可能なのは調合(前)の染毛剤です。調合(済)の染毛剤は使用直前に素早く行い、万が一残った場合には、捨てることが適しています。誤っている記述ですので不正解です。

〇3.パッチテストの結果が陰性であっても、頭部に傷がある人の染毛は、施術してはなりません。他、皮膚病の方も同じです。問題は正しい記述を聞いているので 3 が正解です。

×4.眉毛やまつ毛の染毛は、いかなる理由でも絶対に染毛剤を使用したカラーリングはできないとされています。誤っている記述ですので不正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1 . パーマネントウェーブ施術直後は染めてはいけません。
最低でも1週間の期間が必要です。

2 . 調合した染毛剤は保存することはできません。

3 . 頭皮に傷や皮膚病がある場合は染めてはいけません。

4 . 眉毛やまつ毛は絶対に染めてはいけません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。