過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24843問」を出題

問題

[ 設定等 ]
理容師が理容所以外の場所で理容の業を行うことができる場合に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a  一時的に来日した旅行者に対して行う場合
b  特定の工場の従業員だけを対象として行う場合
c  婚礼に参加する者に対してその儀式の直前に行う場合
d  疾病により理容所に来ることができない者に対して行う場合
   1 .
aとb
   2 .
bとc
   3 .
cとd
   4 .
aとd
( 第33回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

aの場合、bの場合も理容所で業を行う必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

【政令で定める特別の事情】

①疾病その他の理由により、理容所に来ることができない者に対して理容を行う場合。(その他・・・理容所に来ることが困難な身体障害等)

②婚礼その他の儀式に参列するものに対してその儀式の直前に理容を行う場合。

③都道府県・保健所設置市または特別区が条例で定める場合。(老人ホームなど)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。